記事リスト

マンションの投資

インテリア

マンション売却の理由

マンションを所有している投資家がマンション売却を考えているのはどのような理由によるものでしょうか。一番多い理由は、空室が増えたからというものです。また、それに合わせて家賃収入が減少したというものもあります。家賃収入が減少した理由は、空室が増えたことが原因ですので、この二つは大いに関連性があります。また、メンテナンスお金がかかるという理由もあります。 これらの理由は、いずれもお金に関することですが、住人とのトラブルが増え、面倒なので売却をしたいという投資家もいます。 金銭面については、できるだけ早く売却をするべきです。何故ならこれからマンションの価値が上がるとは、地価の減少傾向や、今後の少子化の傾向から考えるとあまりにも望みが薄いのです。

一括借り上げを利用してもうまくいくとは限らない

マンションを売却する場合、金銭的な負担が増大しているからという理由の一つに、マンションを購入した時、30年一括借り上げの制度を利用したからという人も多いのではないでしょうか。この30年一括借り上げとは、新築マンションを購入する場合に保証会社がそのマンションの家賃を保証してくれるというものです。つまり、マンションに空室があるときはその家賃を保証することで安心して投資家はマンションを購入することができるのです。 ただし、決定的な問題もあります。それは、家賃の額までは保証してくれないということです。通常建物の家賃は新築の時がピークでそれ以降は減少の一途をたどります。しかしながら、保証会社は最初の家賃を保証してくれるのではなく、家賃の見直しを2,3年に一度行い家賃の保証額を下げるため、投資家としては負担が増える傾向にあるのです。

RECOMMEND POST

男性

競売を避ける

住宅ローンがなんらかの理由で払えなくなり、滞納が続いてしまうと、不動産が競売にかけられてしまいます。それを避けることができるのが、任意売却です。様々な条件があるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

詳しく見る

婦人

相場を知る

賃貸マンションに暮らす方は、たくさんいることでしょう。そんな賃貸マンションとは、物件の種類によって価格は異なります。その価格相場について、ここでは紹介してます。

詳しく見る

レディ

削減のコツ

賃貸マンションを借りようと思えば、初期費用が必要となります。敷金や礼金、仲介手数料など、その種類はさまざまですが、初期費用を出来るだけ安く抑えられる借り方もあります。

詳しく見る

Copyright© 2017 いつでも引越しの検討ができる賃貸マンションが人気です All Rights Reserved.