記事リスト

削減のコツ

レディ

初期費用を抑えるコツ

賃貸マンションの初期費用を抑えたいなら、敷金や礼金や仲介手数料がなるべく安い賃貸を見つけることです。通常は敷金と礼金と仲介手数料だけで家賃4ヵ月分以上かかります。しかし、敷金礼金なし・仲介手数料1ヵ月の賃貸物件なら、初期費用がかなり浮きます。 賃貸契約をするときに「値下げ交渉」をするのもお勧めです。ダメ元で値引きをお願いすると、意外と下げてくれることもあります。値下げ交渉しやすいのが家賃と礼金です。仲介手数料は不動産屋に入る成功報酬なので、値下げを要求するのはタブーです。敷金はいずれ返ってくるお金なので、後のことを考えると預けておいたほうが安心です。家賃が毎月千円安くなるだけでも経済的負担が少なくなります。

賃貸に住むときに必要な費用

賃貸マンションを借りると、初期費用と月ごとの家賃と管理費(共益費)、契約更新料が必要になります。初期費用は入居する前に支払う費用のことです。敷金や礼金(関西では保証金や敷き引き)は、家賃2ヵ月〜5ヵ月分くらい必要になります。火災保険料などの損害保険と、カギ交換料、最大家賃2カ月分の前払い家賃も初期費用に含まれます。 契約更新料は関西方面など地域によっては必要のない賃貸物件もありますが、首都圏の賃貸マンションならあることが多いです。契約更新料は2年間の賃貸借契約が満了するのに備えて支払う費用です。契約更新料を支払い、賃貸借契約を不動産会社に提出することで契約更新ができます。契約更新料は家賃1ヵ月分が相場です。

RECOMMEND POST

男性

競売を避ける

住宅ローンがなんらかの理由で払えなくなり、滞納が続いてしまうと、不動産が競売にかけられてしまいます。それを避けることができるのが、任意売却です。様々な条件があるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

詳しく見る

婦人

相場を知る

賃貸マンションに暮らす方は、たくさんいることでしょう。そんな賃貸マンションとは、物件の種類によって価格は異なります。その価格相場について、ここでは紹介してます。

詳しく見る

レディ

削減のコツ

賃貸マンションを借りようと思えば、初期費用が必要となります。敷金や礼金、仲介手数料など、その種類はさまざまですが、初期費用を出来るだけ安く抑えられる借り方もあります。

詳しく見る

Copyright© 2017 いつでも引越しの検討ができる賃貸マンションが人気です All Rights Reserved.