記事リスト

競売を避ける

男性

住宅ローンの滞納を続けると貸手がさじを投げるまでは半年が限度です

銀行などの金融機関から住宅ローンの融資を受けますと、借主は毎月決められた額のローン支払いをする(期限の利益の権利を得る)代わりに、貸主(金融機関)に金利を支払います。 もし、何らかの理由から、住宅ローンの支払いができなくなったとしましょう。すると、すぐに督促状などが送られてきます。ローンの滞納がしばらく(最大で半年くらい)続きますと、この住宅ローンの契約違反とみなされて、融資された金額を毎月分割で支払う(期限の利益)権利をなくしてしまいます。 この時、貸手の銀行などは、保証会社などからローンの一括返済を受けて、保証会社などが新しい貸手(債権者)になります。 ここで、任意売却という方法が有効になります。

任意売却ができる条件はどのようなものなのか

一般にローンの残っている住宅を売却するには、残りのローンなどを一括返済しなければなりません。しかし、任意売却は、残りのローンの一括返済という条件は関係ありません。その代わり、貸手(債権者)の同意が必要になります。なお、任意売却は、普通にローンの返済をしている状況では利用できません。 もし、債権者の同意が得られて任意売却できるようになった時には、普通に市場価格で売却できます。 ところが、任意売却の申請をしないでいますと、最終的に債権者から競売の手続きをされることになります。この場合には、時間もかかりますし、売却金額も市場価格より安くなりますので、債権者にとってもあまりよい話ではありません。 そういった意味では、任意売却を申請すると認められる場合も少なくありません。ローンの支払いが難しくなった状況では、任意売却まで持っていくのが、一つの解決方法です。

RECOMMEND POST

男性

競売を避ける

住宅ローンがなんらかの理由で払えなくなり、滞納が続いてしまうと、不動産が競売にかけられてしまいます。それを避けることができるのが、任意売却です。様々な条件があるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

詳しく見る

婦人

相場を知る

賃貸マンションに暮らす方は、たくさんいることでしょう。そんな賃貸マンションとは、物件の種類によって価格は異なります。その価格相場について、ここでは紹介してます。

詳しく見る

レディ

削減のコツ

賃貸マンションを借りようと思えば、初期費用が必要となります。敷金や礼金、仲介手数料など、その種類はさまざまですが、初期費用を出来るだけ安く抑えられる借り方もあります。

詳しく見る

Copyright© 2017 いつでも引越しの検討ができる賃貸マンションが人気です All Rights Reserved.